スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

robinが出会った三人の作家

robinが出会った三人の作家

今日から始まりました。

 

 

 

懐かしや、三喜徹雄さん作のROBIN看板も再登場でお出迎えです。


たくさんのrobin作家さんの中から、特にユニークな活動を続けている三人をピックアップしての展示です。

 

自分でプリントした布をきったり縫ったりして作り続けている

いしはらみえこさん

刈り込まれた植木やひらがな、眼鏡やタコまで、モチーフの選び方も独特です。

版種もシルクスクリーン、ゴム版画、紙版画など、超ハンドメイド感!

 

 

 

 

使い古したててぬぐいを集めてチクチク手縫いしたパンツは圧巻です(非売)。

いろんなプリントの組み合わせの面白さ、一針一針の手仕事の感覚は、いくら見ていても飽きません。

 

 

 

 

 

 

色鮮やかなアクリル画は草刈彩さん

人物や動物が大胆な構図で描かれています。

   

特に人物は一瞬の表情にそれぞれ複雑な憂いが感じられ、背後にあるその人の人生にまで思いを馳せてしまいます。

アクリル絵の具ならではの、鮮やかな色彩の重なりも魅力です。

原画を元にして作ったアクセサリーも明日より販売予定。

 

そして、ユニークさではダントツ1位のモリオカ(キタオカ)サチさん。

ずらりと並んだボールペン画は、不可思議ワールド全開です!

新曲…?

誰か彼女の頭の中を見せてください!

 

 

 

 

 

 

 

手作りのポーチに作品を入れて持ち歩くこともできます!

飾ってながめるだけのストラップも…

台紙と一緒にお楽しみ下さい。

お待たせしました。羽衣三木夫グッズの新作もございます。

今回、逃せないのは三木夫饅頭。

2個入り250円(税別)。白あん入り、おいしい三木夫の味がします。

お早めにお求め下さい。
 

ギャラリーの一角にはミニミニrobinも開店中です。

   

どうぞお立ち寄り下さい。

 

ギャラリーパライソは大阪・ミナミはアメリカ村のど真ん中、

森ビル3階にあります。

オープンは12:00〜20:00

(最終日は17:00まで)。

robinが出会った三人の作家展は

14日(日)までやってます。
ちなみに入口はこんな感じ。→

小さなドアを見逃さないで、中に入ったら目の前の階段を一気に3階まで駆け上がってください。

階段の上では猫ちゃんが

ようこそ! と言ってくれます。

 

では、今週はアメ村でお会いしましょう。

 

  [2017.5.9 H]
 

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://robin-nara.jugem.jp/trackback/411
TRACKBACK